厚木の特産物、ホルモン焼き

神奈川県厚木市の特産物は、ホルモン焼きです。他にも色々ありますが、誰がなんと言おうとホルモン焼きです。ご存じの方もいると思いますが。B級グルメグランプリにて、グランプリを受賞しなのが厚木市のシロコロホルモンなのです。私は大学が厚木にあるので毎日のように厚木に行きますが、やはりホルモンの看板を掲げた焼き肉店が通りにいくつか見えます。
ホルモンの素晴らしい部分は、なんと言ってもあの油。口の中で溶ける瞬間は、まさに至福の一言です。また、程よい弾力の皮が、そのとろける油お絶妙なハーモニーをかもしだし、最高です。一緒につける焼肉のたれも、良いアクセントになっています。美味しいです。唯一気になるのが体脂肪率の増加ですが、それは別の食材で補ったり、食べる前になにか薬を飲めばいいのです。体重を気にしてホルモンを食べない方は、とても勿体ないと思います。人生を損しています。是非一度、ホルモンを味わってください。やみつきです。ただ、ホルモン焼きは、お店によって大分違うので、キチンと良いお店をネットや口コミなどで探してみてください。下手な店にあたって硬くてマズイホルモンを出されては、きっとホルモンを嫌いになってしまいます。それは哀しい事です。さて、これだけ熱く語りましたが、実は私は厚木ではホルモン焼きを食べた事がありません。けれど、今度食べに行く予定があるのでとても楽しみです。絶対に安くて美味しいお店を見つけて、ホルモンを堪能したいと思います。

read more

博多の特産物もつ鍋とホルモン焼き

博多に限らず九州ではもつ鍋をよく食べます。もつ鍋はホルモン鍋とも呼ばれ、もともとは福岡で郷土料理として食べていたものが、人気を呼び、全国的にも知られていったものです。九州の特産物といっても良いかもしれません。お店によってだしは鰹やこんぶを使ったさっぱりした和風だしだったり、みそ味だったり、とんこつ味だったりしますが、共通しているのはニラなど大量の野菜を入れることでしょう。野菜をたくさん食べることができるので、女性に人気があり、わたしもよく女友達と飲みに行くときはもつ鍋を頼んだりしていました。値段的にも比較的安いので、頼みやすいということもあります。
一方で、ホルモン焼きは女性同士で食べに行ったことがありません。ホルモン焼きはデートでもなかなか行きません。ホルモン焼きが嫌いなわけではないですが、やっぱり店構えからして違います。女性がすんなり入って雰囲気に溶け込めるようなホルモン焼きのお店というのはなかなかありませんから。安くておいしいのはわかっていても、です。子供のころはホルモンが嫌いでした。牛や豚の内臓というところで頭が拒否し、見た目のグロテスクさ(子供のころはグロテスクに見えました)から目が拒否し、噛んでも噛んでも口の中で消えていかないことから口も拒否していました。どこで飲み込んでいいのかわからないのです。そんなわたしがもつ鍋やホルモン焼きを好んで食べるようになったのは30歳を過ぎてからでした。ホルモンは大人の食べ物なのかもしれません。

read more

鹿角の特産物はホルモン焼き

秋田県北部にある鹿角市は、どういう歴史かわかりませんがホルモン焼きが特産物なのです。とにかくあの味は他では絶対に出せない最高の味です。私は鹿角市に本店がある焼肉屋さんでホルモン定食を食べましたが、言葉が出ないくらい感動的な味で世の中でこれほどおいしい定食を食べたことがないと思いました。しかも、値段が安いのです。750円でこれほどの味わいを経験できるなら多くの人に支持されるのは当たり前だと思います。この鹿角市花輪地区はホルモン焼きの本場で、ネット通販でも取り寄せができるし、秋田市内にある支店でもホルモンだけの持ち帰りができます。家庭で作るにはキャベツと豆腐を用意すればあとはフライパンで焼くだけで店とほぼ同じものが食べられるのです。
花輪ホルモンというのは全国的にまだ無名なのかもしれませんが、本物の味であることは間違いありません。店で食べる場合はジンギスカン鍋を使用するので、ホルモンが焼けて火が通ると肉汁は下に溜まり、ホルモンだけが味わえるのです。そして、汁を吸ったキャベツと豆腐が最高に旨いのです。ご飯が進むので、付け合せのおかずは手つかずでどんどん食べ進んでしまいます。副菜やデザートに味噌汁が付き、ランチタイムだとドリンクも付いて750円ですからいかに安いかわかります。一度持ち帰りでホルモンを家で焼いて食べたことがありますが、やはり店とはちょっと違いました。いかに店で食べたホルモン定食が美味しいか再確認できました。

read more

ホルモン焼きは牛肉の産地の特産物です

ホルモン焼きって美味しいですよね。今でこそ、焼き肉やさんでも、ホルモンメインのお店が沢山あります。でも、本当に美味しいホルモン焼きってどこで食べれるか知っていますか。それは、有名な牛肉の産地の近くの特産物なんですよ。牛からは、はらみ、ロース、カルビ、ももなんて部分があり、美味しい調理法として焼肉、すき焼き、ステーキなどが直ぐに思いつきますよね。でも、牛からは胃、心蔵小腸等の内蔵は必ず出るわけで、そこの部分は捨てられていたりした時期、地域もあったようです。捨てる、だからほるもん、ホルモンって言う語源があると言われているくらいです。しかし、美味しい肉の部位に変わらないから、庶民が捨てないで食べてみたら美味しかったんでしょう。そこから、ホルモン焼きが始まったのです。
私は、社会人になって1年目ブランド牛肉の産地の町に就職しました。そこで先輩に初めて連れて行ってもらったのがホルモン焼きのお店です。そこに行くまでは、ホルモンといえば噛み切れない、ガムみたいとあまり良い印象が無かったのです。本当に、お付き合いでホルモン焼きの店に行き、しぶしぶ口にしたのです。でも食べてみると、噛み切れる、美味しい、内蔵なのに臭みは無い。すぐに大好きになりました。しかも産地の近くの庶民向けのお店なんで美味しいのに安いのです。そこで、先輩から牛肉の産地の特産物にホルモンがあることを教えてもらいました。ホルモンに限らず、産地の近くではそれを特産物として、美味しく食べる方法を見つけてるんだなと実感しております。

read more

地域の特産物のホルモン焼き

昔、ホルモン焼きのお店が舞台で展開するマンガを読んだことかある。大阪が舞台だった記憶があります。やたら線路のしたの店で居酒屋でパッとしないんだが美味しそうに思えるのである。いまだ、ホルモン焼きのお店に行ったことが無いんですが機会があったら行ってみた是非・是非行ってみた。何でいけないのかと言ったら、お酒が飲めないんです。恥ずかしながら見た目外見はすっごくお酒強そうって言われるんでが飲めば赤くなるしくらくらして心臓がドキドキ状態です。ホルモン焼き屋さんに行くならちょっとは飲めないとさまにならないじゃないですか。だから仕方なくスーパーで家で炒めるだけで食べれるセットを買ったりして食べたことがあります。
そもそもホルモン焼きってどこの発祥でしょうか?前に話したマンガは大阪でしたが、以前に韓国旅行に行ったときホルモン焼き屋さんがおもいっきり沢山あったんです。夕方になると一杯やりに沢山のサラリーマンや肉体労働者たちが行くそうで、あれ?日本のホルモン焼きがここにもあるんだと知りました。所変わってもやっぱり飲み屋さんって雰囲気で入りずらかったですが・・。そのお店の前を通りすぎたときカリカリっと香ばしい香りがした。つい引き込まれるかと思いました。お酒飲めたら入ってましたねー。それにちょっと辛目のホルモン焼きは魅力でした。大阪に韓国方が多いではないですか?もしかして、もともとホルモン焼きって韓国の特産物なのかな?それとも大阪に居た韓国人が大阪でホルモン焼き食べて美味しくて韓国に店を出したのかな?悩む。

read more

鹿児島の特産物と名物

鹿児島県の特産物と名物をご存じですか。
特産物で言うと、びわ。実は最近知ったんですが、鹿児島県の人が言う「びわ」と関東の人が言う「びわ」のイントネーションが違うんです。
文字じゃ説明しづらいんですが、鹿児島は下がるんです。関東は上がります。

さて、そんな甘いびわと、黒豚も有名ですね。
若い人は知らないと言う人もいて寂しいのですが、鹿児島の黒豚は特産物としてだけではなく、名物でもありますよ。
黒豚のカツや鍋など色々なお店がありますが、本当に美味しいです。
引き締まったお肉なんで脂身はそこまでないです。
ですが、甘くて柔らかいお肉はお年寄りにも人気です。
鹿児島にある黒豚のお店でマズイところを私は知りません。

その他で言うと、しろくまも有名ですね。
小さい頃、「しろくまを食べに行こう」と言われた時、北極にいるしろくまを想像し、お肉を食べに行くのかと思いました。
なので、これがしろくまだよとでっかいかき氷を見た時は目が点になりました。
ですが、たくさんのフルーツがのったしろくまは甘くて暑い時にぴったり。
どの喫茶店にもだいたいあります。
関東のコンビニで売っているようなしろくまを想像して行くとあまりの大きさに困りますよ。
私は家族4人で一つを食べました。
それでも多かったです。

鹿児島には美味しい食べ物がたくさんあります。
是非、行ってみてください。

read more